変形性膝関節症の食事のとり方と適正体重を知っておこう

女性の体重

肥満は変形性膝関節症の原因の一つでもあり、悪化させる原因でもあります。
その理由は体重が増えることで膝への負担が大きくなるからです
膝の痛みがでることで、動くことを嫌い、運動量が減ることで、体重が増えるといった悪循環になってしまうのです。この悪循環を改善するには、運動も必要です。それと同時に減量も欠かせません。この記事で変形性膝関節症の方の適正体重の量り方は食事の取り方を説明しています。

 

それでは膝にはどれほどの負担がかかるのでしょか?
例えば、両足で立っている状態では、片足ずつで体重を支えています、歩くときはおよそその3倍の荷重が膝にかかり、階段の上り下りでは6倍ほどの荷重がかかるといわれています。

 

適正体重を知る

自分が肥満であるかどうかは、減量するとしたらどれくらい体重を目標とするのか、ここを明確にしておかないといけません。体重を落としすぎて無理なダイエットほど体に悪いですからね。そこでBMIと呼ばれる数値を利用します

 

 

計算方法はとても簡単

 

体重÷身長÷身長で求められます
健康的なBMIは22です

 

私は体重66キロの身長が162センチ

 

体重(66)÷身長(1.62)÷(1.62)=25

 

肥満の判定
18、5〜22まで普通
25〜30まで肥満度1
30〜35まで肥満度2
35〜40まで肥満度3
40以上肥満度4

私の場合は25なので肥満度1にあてはまります

 

また適正体重を求めるには身長×身長×22で求められます
私の場合
1,62×1,62×22=57,7キロが適正体重となります

 

 

変形性膝関節症の食事の取り方

ゆっくりとしたペースで減量し、太りにくい体を作っていくには

 

質、量、バランスを整え、野菜を意識して多めにとり、甘いものは極力控えることです
質のいい食事とは

 

主食1品(ごはん、パン、麺類)
主菜1品(肉、魚、卵、大豆製品)
副菜2品(野菜、海藻、きのこ類)

 

それぞれ主食3:主菜1:副食2の割合これがバランスのよい食事です

 

目安のカロリーは500〜600calです

 

 

3食は決まった時間に食べ、しっかりと噛んでゆっくりと食べましょう
朝食や昼食を抜くようなことはさけ、大事なのは夕食をとった後は動くことがない為に夕食の量を抑えるのがポイントです。揚げ物などは極力控えるなどして下さい

 

野菜はエネルギーが低く、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富なので意識してとってください
1食でとりたい量は生野菜なら両手のひらに乗せる程度、温野菜なら片手にのせるほどが目安です
野菜は1日350gで緑黄色野菜は120g以上です

 

マヨネーズやドレッシングあ油をとりすぎてしまい、高エネルギーにんってしまうので注意が必要です

 

体重の目安や食事のついて説明していきました。
ここまでしっかりと意識するのも難しいですので、少しずつでもいいの何か意識するようにして下さい

北国の恵み
グルコサミン・コンドロチンなど関節をサポートする健康補助食品は多くありますが実感できなかった人も多いはずです。なぜならグルコサミン・コンドロチン軟骨を構成している成分に過ぎないからです。軟骨の2大成分は2型コラーゲンとプロテオグリカンです。そのどちらも非変性であることが重要なのです。変形性膝関節症の膝の痛みを解決してみませんか? 
1000名限定 目安 評価
480円 10日分 変形性膝関節症,食事,体重

 

 

>>必見!北国の恵みの3ヶ月レビュー体験談!